高度肥満で膝関節の痛みで歩行に制限をきたしている糖尿病の方。
下腿は痩せ細っており、見るからにサルコペニア肥満。

某運動教室でトレーナーから10パターンほど運動プログラムを教えてもらっていたようで、加えてとにかくたんぱく質のことを言われ続けプロテインやサプリを勧めてきたと。

最初は言われた通り意識的に食べていたようだが、自分は糖尿病だからカロリーオーバーになるし、たんぱく質ばかりとるのは良くないと感じて控えるようにした。
それでもなお勧めてきたと。

なんだか聞いてて悲しくなったとともに、患者さんはよく考え直したなと感心。

ひとまずQOL向上には整形的に「正しい負荷やフォーム」での筋肉トレーニングが必要と感じたので、整形クリニックでいまの状態に合った指導を受けてはどうかと提案してみた。
どのようにするかは患者次第であるが。。

この方の食事は基本、野菜たっぷり、脂質多め、間食時々(といってけど頻度高いと思う)、ご飯は控えめ、たんぱく質やや不足?な食事。
ごまドレ、マヨネーズ、マーガリンの三兄弟、何とかならないか…

この方のように食事記録を欠かさず内容に気をつけているにもかかわらず、血糖値や肥満が改善しない場合は、食事実習のような目で見える地道な指導が必要なのかもしれません。。」




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です