いつも練習お疲れ様です!
結論から言えば「食べるべき」です。

終業後3時間くらい練習を行い食べないままだと、就寝中に筋タンパクの修復など本来必要なエネルギーが足りず、修復できないばかりか筋たんぱく質もエネルギーに利用されてしまいます。
せっかくトレーニングを続けていてもカラダを強く、維持することができなくなります。

そのため基本的には夜遅くなっても何かは食べたほうが良いです。
そこで考えていきたいことがいろいろとあります。

・練習前にもなにか補食など行っているでしょうか?
・練習後お腹は空いているでしょうか?
・遅くなった翌朝の朝食は食べている(空腹感がある)でしょうか?

このあたりも関わってくることになります。
練習前は昼食以降なにも口にしていないのであれば、消化の良い糖質源となるものがとれると望ましいです。

練習後はすぐに(30分以内に)食事がとれるならば補食は無くても良いですが、それ以上空くようならおにぎりやサンドイッチ、100%フルーツジュースなど主食(糖質)をとり、帰宅後におかず(主菜・副菜)をとるといった「分割食形式」とすると良いです。

直後の主食はおにぎり2個程度が目安です。
帰宅後のおかずで主菜のたんぱく質+副菜のビタミン・ミネラル・食物繊維を補給することになりますが、このとき脂質は控えめが望ましいです。
脂質を多く含む食事ほど、胃から腸へ送り出されるのに時間がかかります。
すると翌朝の朝食時に食欲が出ないといった望ましくないサイクルになってしまうことが懸念されます。

つまり、夕食も欠食しないほうが良いし、翌朝も欠食しない=毎食、欠食せず食べることが大切ということになります。
夕食で脂質を控えた場合は朝食、昼食でとる(あえて増やすという意味ではありませんが)事ができます。
よろしければ参考にしてみてください!

その他、ソフトテニスのサポート記録はこちらもどうぞ!




1件のコメント

  1. ピンバック: Q.管理栄養士国家試験合格後、研修期間中に学ぶべき事【質問箱】 | 管理栄養士 みやさん の呟き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です