おはようございます。

キンコン西野氏の新書、まだ読んでないのですが(近々読む予定)、ブログにすごく大切なことが書いてあったのでシェアします。

以下本文一部引用

現時点での自国の産業(商品)の価値を知るには、他国と貿易することが大切で、いつまでたっても居心地の良い同業者同士で集まっているヤツは、悲しいかな、自分が持っている商品の価値が分からなくなって、今、どの商品を、どれぐらいの配分で持てばいいのかが分からなくなる。

以上引用

自分の価値は、自分で探す、見つけるものと思っていたのですが、そうではないんですね。

教えてくれるのは自分以外の人、しかも考えの違う人。

自分が正しいと考えていても、またその考えと似通った人ばかりで集まっても、全体で見ると違うことに関心が集まっていたり、求められていたりします。

FBを始め各SNSなどにはいろいろなグループがあるけれど、異論異端者を排除してしまえば、簡単でそのグループは安泰だけれど、その分野の未来はないと思います。

SNSは毎日繰り広げられる、全国学会、国際学会のようなもので、しかもジャンルを問わず交流ができる便利なものです。

自分を知るためにも、流行・トレンド・ニーズを知るためにも有用なのにも関わらず、自ら手放してしまわないようにしたいと思い思わず記事にしました。