気持ちも、金銭感覚も、身の丈にあった器を持つことが大切です。
自分の気持ちに変化を及ぼすような出来事があっても難なく対処できる。

これが気持ちの器。

器が足りないと想定外の出来事があるとアタフタしてしまう。
想定外のお金が舞い込んできたとき、何に使うか考えてしまう。

これはありがちかもしれないけれど、結局のところ普段扱わないレベルの金額が舞い込んできたことで焦っていると言うこと。

金銭感覚の器が足りないという事ですね。

こういう時でも冷静に必要なものにお金を使い、不要なものは買わない。

必要なものを買うときは「当たり前に」水準(ものの質)を上げることができる。
器。

大人として、社会人として身の丈レベルを上げるために常に見つめておきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です