昨夜、知人と糖質制限食の話でプリ盛り上がりしたので、気分は肉!と言うことで夕食は焼肉店へ行きました。

焼肉店へ行くといつもファミリー大皿、単品、スープやサラダと細々と注文します。
しかし、よくよく考えると自分たちは「肉」を食べに行っているのです。

野菜をわざわざお店で食べる必要ないのでは?と冷静になり、家族会議の結果次からは肉オンリー(もちろんスープとか海鮮とか野菜がどうしても欲しいなら別)にしようと決まりました。

野菜は前後の食事でとればいいですからね。

サラダ頼むならその分肉単品頼んだほうがいいですし。
この考えに至ったのには訳があります。

私は学生時代炭火焼肉店でアルバイトをしていました。

そのお店はなかなかいい値段なので、お金持ちの人とか、パチンコなどで勝ったノリで来る学生さんが多くを占めていました。

そんな中、常連で来られていたある方が毎回決まった席で、決まったようにハラミ4人前とご飯だけ注文されていました。

その時は「変わった人も居るもんだなぁ。他にも美味しい部位があるから毎回違うのを食べてみたらいいのに」と思っていました。

その方を昨日ふと思い出したのです。

もしかするとその方はカルビはあっちのお店が、ビビンバはこっちのお店が、など気分で分けていたのかもしれません。
外食では損得なんて考えず楽しんだほうがいいわけですが、昨日はそんなことも考えました。

物事も目的に応じて今すべきことかどうかを分けて考え、無駄を省くように割り切ることが効率化に必要だと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です