βヒドロキシ酪酸(ケトン体のひとつ)測定用の端子をサンプルでいただいたので夕方の空腹時に測定してみました。
無事「0.8mmol/L」と表示され、ケトン体で活動できています(^^)

ケトーシスでもインスリン分泌が保たれていれば安全であることがわかりますね。

添付文書には、0.6-1.5mmol/Lで血糖値が300mg/dL以上の場合は医師に連絡してくださいとありますが、血糖値は普通のでもちろん問題ありません。
今度は血糖値も測ってみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です