斎藤 からみさんの投稿で以下のようなものがありました。

「甘味料(ステビアを含む)もインスリン分泌を刺激します。」

これにはほんとうに驚きました。

血糖が上がらなくても同化ホルモンであるインスリンが分泌される。

と言うことは、血糖変動がないのに太る(単純に言えばですよ)と言うことです。

さらに血糖変動がないのにインスリンが出ると言うことは「低血糖」のリスクすらあると言えます。

ゼロ○ーラをはじめとする人口甘味料入り飲料や食品は糖質の絶対量は減らせますが体への負担はありそうです。

食間の水分補給に甘味料入りジュースを飲んでいると、常にインスリンレベルが高くなっている=なぜだか痩せにくいということが起こります。

ともすれば、断糖と言うよりも脱甘味(甘い味からの脱却)が健康のためにも、単なる減量のためにも必要なんでしょうね。

甘味料を使用した飲料は後引く甘みが嫌で買わなくなりましたが、そうして正解のようです。

ご参考までに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です