70歳代女性、約20年来のインスリン使用歴のある糖尿病患者さん。
ききたい事があると言うことでお伺い。

何でも、アイスのカロリーと、それに相当する食品を教えてほしい、入院中はお粥を召し上がっているため退院後ご飯と同等のカロリーだと何グラムか知りたいとのこと。

今まで食品交換表を駆使して頑張ってきた様子です。
ちなみに超速攻型と持効型を使用中です。
この方へまず伝えたのは同じカロリーでも、食材によって血糖値がよく上がる場合と、そうでない場合があるという事。

血糖値測定をされているので気づいてはいるようでしたが、深く考えていなかったようです。

以前大きなステーキを食べたとき、食べすぎたと思ってインスリンを2単位増やして低血糖になったそうです。

ご飯と肉、同じカロリーでも肉は血糖値上げないことを重ねて説明しました。
そしてもう一点、血糖値記録ノートについてです。

毎日朝夕食前の測定をされている様で、ノートを拝見しましたが数値だけを書き込んで、あとは空白です。

実はこういう方がほとんどです。

予想外に血糖値が高値/低値だったとき、直前の食事はどんなものだったか、活動量がいつもより多くなかったかなど思い返して書き込むことをオススメしました。

これは、今回の失敗・経験を次回起こさないための記録です。

すると、この食材、料理のときはいつも高い、意外と上がらないなど「自分の」データとして蓄積できます。
インスリンを使うにしても、少しでも少ないほうが低血糖のリスクは減ります。

もちろん内服薬もそうですし、気持ちの面でも減薬できることにこしたことはありません。

減らしたいなら食事内容考えないと前へは進めませんね。
この方は今までと違った考え方に驚き興味を持たれているようでした。

残念ながら前医の総合病院では医師も管理栄養士もそんな細かな指導はしてくれなかったようです…

と、言うことなので、これからも細かに丁寧に説明して正しい事を広めていきたいと思います(^^)

1件のコメント

  1. ピンバック: 過去の栄養指導ばなし④ | 管理栄養士 みやさん の呟き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です